山崎賢人、「グッド・ドクター」熱演に視聴者から多くの感動の声

7月12日にスタートした山崎賢人主演ドラマ「グッド・ドクター」の視聴率が11.5%と好発進であることがわかった。

物語は日本の医師全体で0.3%しかいない厳しい現状の小児外科医の世界を舞台に、山崎演じる驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の後期研修医・新堂湊が、子どもたちとともに成長していくヒューマンドラマ。13年に韓国で放送され、最高視聴率21.5%を記録した。17年にはアメリカでもリメイクされ、全米視聴ランキングに毎週トップ10入りを果たした作品だ。

日本版には「期待薄」との前評判もあったのだが、「山崎賢人君の熱演にビックリ! 釘付けになってしまいました」「予想以上でした。凄く良かった。見ているうちに、自然と涙が出てきました」「期待と不安、半々で視聴しましたが、初回から惹きこまれ胸に響くお話で感動しました」など、評判は上々だ。特に、すべての子どもが大人になれるようにと、まっすぐで強い信念を持つ主人公の純粋な心に、胸を熱くした視聴者が多かったようだ。
 この近年、視聴率がかなり低迷しているフジテレビのドラマだが、今作で逆転劇になるか期待が集まる。