KEN☆Tackey 三宅健、滝沢秀明から心温まるサプライズに感動で涙。

 嵐の櫻井翔と有吉弘行がMCを務めるバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)。7月19日放送は、ゲストに滝沢秀明と三宅健によるユニット・KEN☆Tackeyを迎えて放送された。

番組では滝沢の『滝沢歌舞伎』座長生活に密着した模様をオンエア。まもなく39歳の誕生日を迎える“全然泣かないアイドル”三宅に、滝沢は「涙を流すくらい感動させたい」と楽屋から会場までレッドカーペットを敷き詰め、壁に思い出の写真を貼り、スペシャルステージを披露するというサプライズを行うことに。

しかし、思い出の写真を目にした三宅は「何これ」と泣く様子はなく、会場の特等席へ。ステージに登場した滝沢を見て笑い出す三宅。後輩とスタッフから三宅へのメッセージをバックに滝沢が『滝沢歌舞伎』エンディングテーマ「WITH LOVE」を披露すると、なぜかジャニーズJr.が涙を見せ、三宅は泣かないままだった。

 最後に滝沢が三宅への手紙を読み上げることに。三宅が舞台に初参加した頃を振り返って「僕はここ数年、舞台での座長としてのあり方や、タッキー&翼の活動休止のことなどで力が入っていたのかもしれません」と三宅が滝沢を全て受け入れてくれたと明かし、

「常に先輩とは、後輩とは何なのかを僕たちに教えてくれています」「健くんとの出会いは、まさに兄貴のような方との出会いでもあります」と語った。

これに対し三宅は「ありがとう。泣けるじゃねぇかよ、止めろよ」と感動した様子を見せた。

スタジオに登場した三宅は「あの歌聴いてる時、実は僕泣いてる」と告白。カメラを4台設置していたにも関わらず、泣き顔が撮れていなかったことが判明した。