キスマイ宮田俊哉、毎年クリスマスを一緒に過ごす“ある女性”とは?

 ジャニーズ事務所のオーディションに応募する理由はさまざま。自ら応募する例もあれば、スカウトされることも。年々、親や親せきが勝手に履歴書を送るケースも増えたという。

 Kis-My-Ft2・宮田俊哉の母は、KinKi Kids・堂本光一の大ファン。息子にジャニーズに関心を抱いてもらうべく、幼いころから英才教育に取り組んでいたそうだ。

宮田俊哉のお母さんは、家にいるときはずっとKinKiの曲をかけていたそう。「あなたは将来ジャニーズに入って、光一くんみたいになるのよ」「光一くんも(車)オタクだけど、俊哉もアニメオタク。オタク同士一緒じゃない」と、ことあるごとに堂本光一の名前を出して、褒めて息子を育てたという。

 こうした母の愛情のおかげか、宮田俊哉はマザコン気味だという。小学6年生まで一緒にお風呂に入っていたという宮田俊哉は今年30歳で、母は55歳。見かけが若く母子で歩いていたとき、彼女と怪しまれたことも。宮田にとってはそれが自慢で、今でも2人でランチをする仲。誕生日にはプレゼントを欠かさないという。

お母さんの誕生日がクリスマスのため、宮田俊哉は毎年、サンタクロースの格好をしてお祝いするそう。小学生のときに父親が「ねぇ、お母さん。久々にチューしようよ」と迫った姿がトラウマになり、その後、父親を無視したことがあったとか。

 現在、母はウィッグ店で働いている。母からハゲ防止の薬をもらったため、ここ数年は風呂上がりにそれを使って、抜け毛防止に努めているそう。