EXILE AKIRA、「パフォーマーやめようかなって」過去の苦悩を告白

21日に放送された日本テレビ系『輝きYELL!』にEXILE/EXILE THE SECONDのAKIRAが出演し、過去の苦悩について告白した。

番組内でAKIRAは、2年半前にEXILEが活動休止になったことについて「自分にとってはHIROさんやMAKIDAIさんUSAさんMATSUさんがフロントからいなくなるってことは大きなことでしたし」と、グループを卒業するメンバーの想いを明かした。

そして「自分もその時にはパフォーマーをやめようかなって思ったぐらい」と、当時の苦悩についても告白。

それでもグループの再起を信じ、EXILE THE SECONDでの活動を続け、今年の5月に行われたEXILE THE SECONDのツアー最終日に、活動再開となるEXILEのメンバーがサプライズ登場。EXILEの完全復活となった。

その際にATSUSHIが語ったMCの中に「ATSUSHIくんの言葉が心に突き刺さった」と、印象的だった言葉があると振り返った。

その時ATSUSHIは「EXILEの想いをつないでくれた」と、EXILE THE SECONDのメンバーの活動についてねぎらい、AKIRAは「大人になって(これほど)熱くなれることもないですし」「本当に報われた言葉ですね」と、感動した様子をのぞかせていた。

EXILEは7月25日(水)にニューアルバム「STAR OF WISH」を発売。3年4ヶ月ぶりのオリジナルアルバムとあって注目を集めている。