中村倫也が語る、役者としてのスタンスとは?「周りの予想を裏切ることをやりたくなる」

中村倫也は、2005年に公開された映画『七人の弔(しちにんのとむらい)』でデビューして以来、10年以上キャリアを積んでいる。そんな中村倫也が役者としてのスタンスを決定付けたターニングポイントについて語った。

ターニングポイントになった作品はたくさんあったようだが・・・

その中でも、舞台『真心一座 身も心も 流れ姉妹〜獣たちの夜〜』(2009年)は思い出深く、それまでは、アカデミックな作品に出演することが多かった中村は、この舞台で初めて小劇場の役者たちと共演したそう。当時22歳だった中村は、こんなにクレイジーで魅力的な世界があるのかと衝撃を受けたという。同時に、この世界で生きる面白い先輩の役者たちといっぱい仕事がしたいと感じたそう。

たとえば、15センチしかない段差を上がるという芝居で、求められてもいないのに1メートルくらいジャンプして飛び越えようとする役者たち。意味はないのだが、ただそこにある熱量だけは伝わってくる……そんな芝居は今までに見たことがなかった当時の中村はカルチャーショックを受けた。その時、演技に対する考え方や視野が広がったと語っている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中村倫也『童詩』 [ sai ]
価格:2808円(税込、送料無料) (2018/8/14時点)

 

 

そして、ミュージカル 『ロッキーホラーショー』(2011年)は、コメディー調のストーリーにもかかわらず、観客たちはラスト必ず感動して泣くのだという。その光景を見た時、感動させようと思って作品を作らなくても、お客さんは感動するんだと気付いた中村。反対に、浅はかに感動させようとすることが愚かであり、お客さんの可能性を奪う事なのだ、と感じたそう。

それまでは、作品のイメージをきちんと固めた上で、キャラクターを構築していた中村だったが、そんなに肩肘張らなくてもちゃんとお客さんは観てくれているんだと実感したという。一方的にこのシーンはこうだからと押し付けるのは、観客含め役者自身の選択肢や想像力も狭めてしまうのだわかったとき、役者として新しい世界が広がったという。

 

次のページ:中村倫也、「天邪鬼なんです」