土屋太鳳の独特すぎるフェチにスタジオ唖然、独特のフェチとは?

土屋太鳳が、8月20日放送の『しゃべくり007』に出演した。独特なフェチ告白に“しゃべくり”メンバーがあ然した場面があった。

 「フェチが変わっている」というトークテーマの際、彼女が明かしたのが「ポコポコフェチ」。どういうフェチなのか聞いてみると、土屋は「私、昔から縫い目がすごい好きなんです」「キレイな縫い目って触っても気持ちいいんですよ」と嬉しそうに話した。

 対するメンバーは土屋に対し、何を言っているのか分からないといった雰囲気で黙って見つめるだけ。くりぃむしちゅー上田晋也が「確かに変わったフェチだね」と言うのがやっとだった。

 また「ポコポコ」の意味を問われると、土屋は「縫い目のポコポコです」と平然と話すが、理解が追いつかないため、実際のバッグや衣服のサンプルが登場。するとポコポコとは、縫い目が山のように出っ張っている部分であることが分かった。

 土屋はそんな縫い目について「見ててもめっちゃキレイと思うし、安心します」「見たり、触ったり」「見る(だけ)でもいい」など“縫い目”トークを展開。だがメンバーはそれについていけないようで無表情。ネプチューン原田泰造が、熱く語る土屋を見つめていたとき、上田が「泰造が珍獣を見る目で見てる」と言ってスタジオを沸かせた。