脳をむしばむアメーバで男性死亡、リゾート施設閉鎖

 米南部テキサス州のサーフリゾート施設を訪れた29歳の男性が、脳をむしばむ病原性アメーバ「ネグレリア・フォーレリ」に感染して死亡していたことが分かった。

CNN系列局のKVTVによると、死亡したのはニュージャージー州の男性で、9月にテキサス州ウェイコのBSRケーブルパークを訪れた後、症状を発症した。

CDCは同リゾートの水を採取してネグレリア・フォーレリの検査を行い、地元の衛生当局と連携して、対策について同施設に勧告を行っているという。

CDCによると、ネグレリア・フォーレリは湖や温泉などの温かい淡水で繁殖し、人の鼻から入って脳に到達。患者はアメーバ性髄膜脳炎を引き起こし、ほとんどが死に至るという。

死亡した男性は9月8日に同リゾートを訪れ、14日に体調不良を訴えたようだ。

関係者によれば、男性は芝刈りをしている途中で激しい頭痛に襲われ、やがて、きちんと話すことも、ベッドから起き上がることもできなくなって病院に搬送された。検査の結果、髄液からネグレリア・フォーレリが発見される。

ネグレリア・フォーレリについては2013年にミルテフォシンという医薬品で回復した症例が2例報告されてい多様だが、この男性は手遅れだったようだ。

テキサス州では2005年以来、アメーバ性髄膜脳炎の症例が9例あった。

CDCの統計によれば、全米では1960年代以来、年間0~8例の報告があり、2016年には5例、昨年は皆無、今年は今回が初めて。

地元の衛生当局によると、同リゾートは当局に協力して、アメーバ繁殖の可能性がある場所の特定に当たっている。慎重を期すために、当面の間、施設は閉鎖された。

色んな菌が発見されて予期せぬ病にかかるこの世の中、明日は我が身なんてことも・・・なんとも恐ろしいですね。