木村拓哉と長澤まさみが「並ばない方がいい」と言われる理由とは?

 11月20日、映画「マスカレード・ホテル」の完成会見が行われ、主演の木村拓哉と長澤まさみが出席した。2人が並んで立つ写真が報じられたのだが、そんな中世間では、「キムタクのほうが背が低く見えるんだけど」という声が上がっていた。

 木村拓哉の身長は公称176センチ。それに対して、長澤まさみは168センチ。その差は8センチだ。長澤まさみは、この日ハイヒールを履いていたが、8センチの差をひっくり返すほど高くはなかったという。それでファンがザワついているというわけだ。ちなみに2人の全身が写った並び写真を報じた所は少なく、ほとんどのメディアが2人の胸から上の写真を使っており、木村拓哉に気を使ったのではないかと言われている。

 

 身長差だけならよかったのだが、長澤まさみと並んだことで木村拓哉の欠点が他にも明らかになってしまったようだ。

「意外とキムタクの足が短いことがバレてしまいました。一番ビックリしたのが顔の大きさ。長澤と比べると木村はひとまわり以上大きく見えるんですよ。映画『無限の住人』の完成報告会見では福士蒼汰との顔の大きさの差が話題になりましたが、今回は長身小顔女優の代表格である長澤とのツーショットでさらに浮き彫りになりましたね」(前出・週刊誌記者)

 ここのところ、ネットでも叩かれることが増えた木村拓哉だが、SMAP解散時のことが世間ではまだイメージが低下してしまった原因となっているのかもしれません。そんな残念な世間からの評価を再びひっくり返すことができるのか、今後の木村拓哉の活躍に期待したい。

木村拓哉と長澤まさみが出演する映画「マスカレード・ホテル」は2019年1月18日公開だ。