純烈リーダー酒井、友井と決別「彼は死んだ」今後について心境語る

過去の交際女性とのトラブルが発覚した元メンバー友井雄亮氏が芸能界を引退したことを受け、ムード歌謡グループ・純烈のメンバーが15日、都内で謝罪会見をした。

他メンバー3人は涙ぐみ、ショックが大きかった様子で合ったが、リーダーの酒井は怒りを隠せない様子であった。

酒井は、友井に対し「純烈で受け入れることはない」「会いたい気持ちではゼロではない。でも、僕のなかであいつは死にました。なので、会うことはない」と絶縁を示唆した。

週刊誌の報道を受け、酒井はすぐに友井氏に事実確認したという。

全て認める友井氏の姿に、「一緒に純烈はできないと思った」と語った。グループの存続については「ありがたいことに『頑張れ』と言って下さる方がいる。解散なのか、とよぎったが、応援してくださった皆様を思うと、ここから一致団結することをみせていかないと。紅白の舞台をつかんで、どんどんお礼を言いに行こうという矢先。お礼を言えないのはあり得ない」と、説明した。

友井は週刊誌で2014年ごろから交際していたA子さんへの暴力や、その後の恋人・B子さんの貯金の3000万円使い込み、度重なる浮気などが報道された。

11日に行った会見で、友井氏は女性に対して「殴ったり蹴ったり」のDVを繰り返していたことを明かすなど、一連の報道が事実と認め、グループの脱退と芸能界引退を表明した。

念願の紅白歌合戦の初出場から10日あまりで発覚した不祥事。すでに友井氏を除くメンバー4人でテレビ収録に臨むなど、再スタートを切っている。

リーダーの酒井は、「一生懸命頑張ってきたスタッフ、ファンが頑張れよと言ってくれている。前川(清)さんからもチャンスをもらっているので、ここで失速して沈むのはイヤです」と話した。

「この11年も苦労の連続でしたが、(今年を)苦労元年だと思って、(騒動を起こした)純烈でも紅白にまた出られるんだと。ピンチをチャンスととらえて前向きにいくしかなない。失速したまま終わるのはない。ピンチを晒して、今はまた(紅白出場に)選んで貰えるところまでとことんやろうという気持ちでしかなない。1度は心が折れましたが、これから1日1日頑張っていきます」と宣言している。

 

今回のような元メンバーの不祥事で大きなイメージダウンにも繋がり、グループの仕事に影響を与えてしまうのは確かです。しかし、マイナスの出来事を残ったメンバーでプラスのパワーに変えてまた活躍していって欲しいですね。