インフルエンザ・予防対策① のどの乾燥を手軽に防ぐ!最新の「のど飴」をご紹介

 

はじめに

秋や冬、それは乾燥の季節・・・

最近、昼間は暖かいのに朝と夜だけとても寒くなる日が多いですよね。

寒くなると湿度が下がるので乾燥しやすくなっていきます。

私は最近加湿器を物置から出して、頻繁に蒸気を部屋の中にかけるようにしています。

さて、乾燥の季節になると、お肌のかゆみを引き起こす原因になりますし、顔は乾燥からニキビができやすい肌質になりがちです。

顔や肌は化粧水や保湿クリームを塗る事で対策できますが、もう一つ、乾燥すると喉も炎症を起こしやすくなるので、乾燥が原因で風邪を引きやすくなったりします。

さらに風邪を引いてしまうと、免疫力や体力も奪われてしまいますよね。

今回は、手軽に喉の乾燥を防ぐことができるのど飴について、お話させて頂きます。

 

オススメののど飴をご紹介

風邪予防にも、のど飴を舐めるようにすることは、喉の乾燥を防ぐ事にとても効果的と言えます。

これからの冬の季節は、のど飴を常備しておく機会を増やしたいですね。

最近、のど飴の中でもお馴染みの以下3つが新しくバージョンアップしました。

  • 健康のど飴
  • イソジン
  • 龍角散

これらがどのように新しくなったのか見ていきましょう。

「健康のど飴 ドクタープラス」/カンロ

のど飴といえば、カンロの「健康のど飴」をイメージする人が多いのではないでしょうか。

今回新しく出た製品は、さらに「ドクタープラス」がメインになっています。

この新しいのど飴は鶴見大学との共同開発によって開発されており、123種類のハーブエキスの中から選ばれた、のど飴に最適なハーブエキスである「ホップエキス」が使用されており、美味しい和柑橘味に仕上がっています。

柑橘系なので、甘いながらもちょっとした酸味を感じるので、マイルドな味わいで食べるができておいしいです。

「イソジン のど飴」/ムンディファーマ

イソジンといえばうがい薬のイメージが先行するのですが、のど飴も販売されています。

のどにやさしい成分の「亜鉛」と「ヘスペリジン」によって、のどを総合的にサポートしてくれるます。

フレッシュレモン、はちみつ金柑、ペパーミントの3つの味がありますので、お好みの味で選びましょう。

ちなみに私はすっきりしたい気分の時はペパーミント、それ以外の時はいつでも食べたくなるフレッシュレモン味が好きです。

龍角散ののどすっきりタブレット ハニーレモン味」/龍角散

「龍角散のど飴」は以前からありましたが、2018年9月には、働く女性にとっても利用しやすいタブレットタイプ(チャック付き)のリニューアル商品が登場しました。

このタブレットには龍角散のハーブパウダーが練り込まれており、歯に優しい「キシリトール」、潤い成分の「ウォータリングフレーバー」が配合されています。

また他にも、口いっぱいに清涼感が広がる「マイクロビース」も配合されていますので、“のどの違和感や痛みをスッキリ解消できるのど飴”に仕上がっています。

龍角散のパウダーって漢方薬なので喉にもとても効果的なんですよね。

のど飴は、喉が乾燥して痛くなりがちな冬の季節に特に最適です。

そしてのどの乾燥を防ぎ潤してくれるだけでなく、スッキリした気分にもしてくれるアイテムです。

風邪予防にも役立しますし、リフレッシュしたいときにも役立ちますので、皆様も気軽に利用してみてはいかがでしょうか♪