V6・三宅健が歌舞伎に初挑戦!市川海老蔵と初共演「羅生門」捨て身の決意

4日、V6の三宅健が都内で行われた六本木歌舞伎第三弾「羅生門」の制作発表に出席しました。三宅は歌舞伎初挑戦となります。

 

歌舞伎俳優の市川海老蔵と初共演となる三宅

「人生の中で歌舞伎に出演させていただくことになるとは、考えもしなかったです」

今回の共演に対して「生涯のうちで一度あるかないかのことだと思っているので。最初で最後のつもりで」と意気込みを語りました。

それに対して、海老蔵から「最後?」と突っ込みが入り、

三宅は「分からないですけど」と苦笑しつつ「それぐらい、捨て身で。無我夢中の境地で」とあらためて決意を表明しました。

ジャニーズファンにも歌舞伎の魅力を・・

「ジャニーズファンの方に本物の歌舞伎に触れてもらえることも素敵だと思っているので見て頂きたいと思います」とファンにも呼びかけました。

海老蔵は三宅がデビューした時に、様々なグループで活動する人と比べて、

「この人一番かっこいいと思ったのが三宅さんでした。この人、モテるんだろうなと思ってました」と振り返り、三宅は恐縮していました。

 2月22日にEXシアター六本木で初日を迎え、3月13日から17日までオリックス劇場(大阪)、3月21日から24日までわくわくホリデーホール(札幌)でも開催されます。

三宅さんは、手話や滝沢歌舞伎など色々な事に挑戦されてますし、今回はまた歌舞伎に初挑戦されるという向上心が素敵すぎます!今回どのように演じられるのかとても楽しみですね。