V6・岡田准一、後輩育成への熱い思い“ジャニーズ男塾”を開講!?

後輩思いで知られるV6の岡田准一は、若手の役者育成のため“ジャニーズ男塾”を開講しているといいます。

岡田さんの知人によると・・

「昨年、岡田さんは後輩を育てるための“岡田部活”なるものを始めたと聞いています。活動内容は、英会話や乗馬のレッスン。さらには岡田さんが実際に仕事でお世話になった監督に後輩たちの演技指導をお願いし、ワークショップが開かれたこともあったといいます」

「昨年9月、岡田さんは出演したテレビ番組で自らが“登山部の部長”であることや、そのメンバーには後輩の山下智久さんが所属していることを明かしていました。過去には関ジャニ∞の丸山隆平さんやSexy Zoneの中島健人さん、ジャニーズJr.の『ふぉ~ゆ~』のメンバーらが続々参集したそうです」

岡田さんは“自腹”で講師を招いてまで、熱心に後輩達の育成に力を入れているようです。

後輩育成のきっかけは?

 

あるテレビ関係者によると・・

先輩・中居正広さんの『俺は司会に命をかけてるから』という発言を聞いた岡田さんは、自問自答を繰り返し、“命をかけてやりたい事”は芝居だと気づき、

司会業に活路を見出した中居さんのように、岡田さんは自分もアイドル1本ではない独自の道を見つけなければという思いがあったようです。

 

あるスポーツ紙によると・・

人気アイドルの看板に甘んじることなく、岡田さんはそれこそ“命がけ”で芝居に挑みました。渡哲也さんから『役者は若いうちに馬に乗っておいたほうがいい』とアドバイスされ、乗馬を3年かけて習得しました。

格闘技に関しては3つのインストラクター資格を取得しています。そんな努力が実って、俳優として高い評価を受けることができたんです。

だからこそ、大事なジャニーズの後輩たちに“芝居の奥深さや楽しさを知ってほしい”という思いが強いのでしょう。

まとめ

 

岡田さんは、今年の日本アカデミー賞。時代劇『散り椿』で最優秀主演男優賞にノミネートもされましたし、

今俳優としても大物俳優と肩を並べても目劣りしない程の地位と実力を持っています。

自身の仕事も忙しいはずの岡田さん、後輩のためにも尽くされているとは本当に素晴らしいですよね!

世間では岡田派閥などと悪く言われたりもしますが、

純粋に後輩の力になりたいという思いから後輩達も自然と岡田さんの周りに集まってくるのではないでしょうか。