新婚・ベッキーに出演オファーが殺到?大半の仕事依頼を“断る”理由とは・・

 

2月10日放送のバラエティ番組「行列のできる法律相談所」にベッキーさんが出演されました。その日17.0%という高視聴率を記録したようです。

しかし放送後、日本テレビには苦情が殺到したといます。

その数は数百件レベルで、大半が「なぜベッキーを出演させるんですか!? もう日テレは見ません!」という怒りの電話なのだそう。

そのため、番組は高視聴率を記録したにもかかわらず、日テレ上層部は、彼女の起用に関して、しばらく様子を見る可能性があるそうです。(テレビ誌記者)

 ベッキーは、2月13日に巨人軍・片岡治大二軍内野守備走塁コーチとの結婚を発表し話題性があり、起用したいと願うメディアも多いはずです。

しかし2月22日発売の「フライデー」によると、彼女はある理由で一部イベントの出演を断っているといいます。

フライデーが大手広告代理店スタッフを取材したところ、現在、注目度の高いベッキーには、PRイベントなどの依頼が殺到しているそうです。

しかしそのほとんどを断っており、OKが出た仕事でも「結婚に関する質問はNG」と条件をつけているといいます。

どうやらベッキーは、ネットでの『今度は浮気される側だね』といった“ゲス不貞”を持ち出してくるアンチの声を気にしているそうです(芸能記者)

またベッキーの方から「結婚して環境を変えたい」と彼を説得したとも報じられています。

 

ベッキーさんも心機一転、新たな環境で再起を図りたい所ですが、

まだまだ日本社会では時間がかかるかもしれませんね。