花粉症の薬が効かない!原因は水分代謝かも?そんな時は漢方の併用が効果あり?

今年もスギ花粉のシーズン本番となりましたね。

 
今まさにスギ花粉のピークで辛い花粉症に悩まされている方も多いようです。
 
 
「花粉症の薬が効かない!」「色々な薬を試したのにどれも効果がイマイチ!」「去年はこの薬が効いたのに今年は効かない!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
 
そんな人は、一度花粉症の治療に漢方薬の併用を試してみると良いかもしれません。
 
今回は、ひどい花粉症に悩む方に役立つ興味深い記事を見つけましたのでご紹介します。↓

 
悪化してからでは薬が効きにくい

悪化してから薬を飲むとなかなか効きません。重い花粉症の患者さんでは症状が抑えられないケースもあります。実はこのような場合に役立つのが漢方薬です。西洋薬と一緒に使うと症状が軽くなります。
 漢方医学ではスギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎を起こす最も大きな原因に、体の中の過剰な水分があると考えています。

普段から冷たい飲食物をとり過ぎたり、過労やストレスがたまったりすると、胃腸のはたらきが衰えて水分代謝が悪くなります。この結果、消化吸収力が低下し、飲食物などの水分が体内に残ってしまう。これらが体の生理機能に影響を与え、鼻や喉の働きも低下させてしまうのです。(下記引用元記載)

漢方薬で体を温め余分な水分を取り除く

 このため、漢方医学に基づく花粉症対策ではまず、胃や体を冷やさないような食事、生活を心がけることが大事です。生活療法を実践するだけで花粉に反応する閾値(いきち=症状が出る最小限の値)が上がり、症状が軽くなります。

 そして、もう一つの方法が漢方薬を服用することです。体を温め、余分な水分を取り除く働きが効果を発揮するのです。代表的なものが皆さんもご存じの小青竜湯(しょうせいりゅうとう)。鼻水の多い花粉症の方によく効きます。ただし、鼻づまりが中心という方は麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)のほうが合います。

 含有されている生薬の附子(キンポウゲ科のハナトリカブトまたはその他の同属植物の塊根)と細辛(ウマノスズクサ科のウスバサイシンまたはケイリンサイシンの根および根茎)は体を温める作用が強く、麻黄(マオウ科のマオウまたはその他同属植物の地上茎)にはエフェドリンという有効成分が含有されています。

エフェドリンは粘膜の腫れを緩和し、気道の収縮をやわらげるなどの働きがあります。麻黄は古来、ぜんそくの治療に使われていたという記述もあります。(漢方併用で花粉症薬の効果アップ 加藤士郎 / 野木病院副院長
引用)

まとめ

実際に私自身も医師に相談しながら、漢方(小青竜湯)と西洋薬(ビラノア)を試して見ました。以前より効き目が良い気がしています。
 

興味のある方は決して自己判断だけでは行わず、漢方を取り入れているお医者さんやかかりつけのお医者さんに相談してみると良いと思います。