はじこい:ゆりゆり(横浜流星)ストレート告白「好きです」に悶絶<リピートしたい人必見>

深田恭子さん主演のドラマ「初めて恋をした日に読む話」の第9話が3月12日に放送されました。

18歳の誕生日を迎えた横浜流星さん演じるゆりゆり(由利匡平)の告白シーンが、視聴者の心をとらえ話題になっていました。(以下、ネタバレがあります)

 

今回は、そんな第9話で視聴者の心を鷲掴みにした胸キュン名シーンを

もう一度みていきたいと思います。

ゆりゆり、ついに18歳の誕生日に

第8話では、受験を前にプレッシャーに押しつぶされそうになっていた匡平でしたが、雅志(永山絢斗)の励ましをきっかけに、

目前に迫った東大受験にふたたび向き合い始めました。そんな中、第9話ではついに匡平の18歳の誕生日、2月3日が訪れました

ゆりゆりの胸キュンシーン台詞 :「好きです」「好きです。先生のことが好きです」

18歳になるまで、順子への気持ちを必死に気持ちを抑えてきた匡平は、「やっと18になれた」とほほえみ、「ストレス解消に豆投げていいよ」と鬼のお面をかぶった順子に歩み寄った。

そして、お面を外し「好きです」「好きです。先生のことが好きです」と、順子をそっと抱きしめたその顔には“やっと思いが伝えられる”という喜びが浮かんでいました・・・・

SNSではファンも大興奮状態

「『顔見せて』最高かよ・・・」

「悶絶した・・・こんなストレートに『好きです』なんて言われたらたまらない」

「あんな丁寧な『好きです』ある?」「『先生のことが好きです』無限リピートが止まらない…」

 

第9話で、順子はどうなちゃうの?

ゆりゆりの一途でストレートな告白に対し、順子にも「ゆりゆりの気持ちにちゃんと応えたい」という思いが芽生えた。

しかし、東大二次試験が終わるまではまだ講師と生徒。そんな中、二次試験当日、順子の身に思いもよらぬ事故が・・・このまま順子はどうなってしまうのか?

最終回あらすじ

次回、3月19日放送でついに「初めて恋をした日に読む話」は最終回を迎える。匡平の東大二次試験当日、交通事故に遭ってしまった順子。雅志は順子の事故を知り、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して順子の元へ…。

匡平は、美和(安達祐実)からの電話で順子の状況を知り激しく動揺するが、目の前の試験に挑む道を選ぶ。予告動画では、匡平の「春見じゃなくて受験を選んだ」「後悔はしてない」という意味深なセリフも…。

ファンからは「すでにゆりゆりロス」の声が続々と上がっている。果たして順子の運命は…。そして匡平の東大受験の行方と恋の結末は!?  

引用元 最終回のあらすじ

まとめ

今回は、第9話で視聴者の心を鷲掴みにしたゆりゆりの告白シーンに注目してみました。

最終回、順子はどうなっちゃうのでしょうか?恋の行方も試験の結果も全部気になりますね。

最終回が今から待ちきれません。でも終わってしまうのも寂しいような・・・

何はともあれ、ハッピーエンドになることを期待しています♪

 

「はじ恋」“ゆりゆり”横浜流星、大人の女性を魅了する“年下男子”の素顔に迫ってみた