朝ドラ『まんぷく』ヌードル開発チームの社員・戸塚洋子役、“女優・ぎぃ子”が気になる!まとめ♪

安藤サクラさん主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』の中で、萬平(長谷川博己)のカップ麺開発に招集された女性若手社員、戸塚洋子を演じる女優・ぎぃ子さん。

その独特な存在感から視聴者から「気になる」「高畑充希に似てる」など、注目の声が集まっています。

女優・ぎぃ子さんとは一体どんな方なのでしょうか?

また、“ぎぃ子”という一風変わった名前の由来は?

今回は、そんな今話題の女優・ぎぃ子さんについてまとめていきたいと思います。

プロフィール

名前:ぎぃ子

生年月日:1991年1月20日

出身地:兵庫県尼崎市

サイズ:身長154cm B86 W64 H88 S23cm

趣味・特技:ダンス、夜中の散歩、動物観賞

京都造形芸術大学 芸術学部 映画学科 俳優コース卒業(2013)

事務所: CRG所属

受賞歴:門真国際映画祭2018 舞台映像部門「みんなの捨てる家。」最優秀主演女優賞受賞

出演作品

映画

熊澤尚人監督『観覧車の下で会いましょう』看護師役(2018)
吉田真由香監督『Thank you for coming』主演(2018)
濱口竜介監督『寝ても覚めても』(2018)
酒井麻衣監督『ウィッチ・フウィッチ』カリン役(2018)
MOOSIC LAB 2017 コンペティション長編部門 『アイムクレイジー』(2017)
東陽一監督『だれかの木琴』(2016)
行定勲監督『ピンクとグレー』主人公の同級生役(2016)
渡辺謙作監督『エミアビのはじまりとはじまり』声の出演(2016)
廣木隆一監督 ネットフリックスドラマ『火花』第1話 カップル役(2016)
行定勲監督『世田谷ラブストーリー』居酒屋店員役(2015)
岡村雅司監督『聖LOVELOVE学園COMMEDY科』西園寺茜役(2015)
柴田有磨監督『休日』(2015)
山本起也監督『カミハテ商店』水原えり役
Ruben Ventura監督『ALMA』
高見哲也監督『WASTE OF TIME』
藤原滉平監督『雲のゆくさき』

ドラマ

連続テレビ小説『まんぷく』戸塚洋子役(2019)
TBS『ドラマ特別企画 西村京太郎サスペンス 「十津川警部シリーズ7」』 浜名湖殺人ルート 木元あやか役(2018)
Amazonオリジナルドラマ『しろときいろ』第8話(2018)
NTV『anone』(2018)
NTV『先に生まれただけの僕』甘味処店員役(2017)
BSジャパン『ワカコ酒 season2』第7話(2016)
WOWOWドラマW 行定勲監督『平成猿蟹合戦図』ゲームセンターにいつも居るカップル役(2015)

舞台

アナログスイッチ『みんなの捨てる家。』 門真国際映画祭2018 舞台映像部門「みんなの捨てる家。」最優秀主演女優賞受賞
『哀しい夢すら、忘れてしまう』 sleepwalkプロデュース 脚本・演出 上野友之 ​(劇団 競泳水着)
『ゴールデン街★青春酔歌』プロデュース:寺脇研 演出:酒井晴人
『海の夫人』演出:広田淳一
『許して欲しいの』演出:上野友之 花森汐莉役
『モータプール』演出:益山貴司 伊丹AI・HALL/アサヒ・アートスクエア
『コノハナ・アドベンチャー2』演出:益山貴司
『幕末スープレックス』演出:益山貴司 HEP HALL
『花ちりぬ』プロデュース:林海象 舞妓の吉彌役

CM

 

Googleアシスタント お風呂で動画みたい篇(2018)
ほっともっと たれ煮天丼(2017)
荏原製作所『この手で、流れを。編』グラフィック出演(2017)
ルミネ 10%オフキャンペーン(2016)
タウンワーカーズ 岩井俊二監督『この遠い道程のため』(2014)

その他

T.M.R風 黒ガムテ巻き方講座(2016)

ラジオ

サタデードラマハウス“美女子劇場”第十三弾ストーリー(全4回)「可憐なオトメ」(2017)

ぎぃ子”という名前の由来

“ぎぃ子”という一見変わった名前は、小学生の時からのニックネームが由来だった?

実に関西出身らしいエピソードがこちら↓

 
 「小学5年生の頃、『手の上で豆腐切るのめっちゃ怖くない?』と、お母さんに聞いたら、『ギコギコせんかったら大丈夫』って言われたけど、『めっちゃ怖かったわ~』と友達に話しているのを、たまたま聞いていた男の子たちに聞かれ、『うわ~ギーコさんや~』と、からかわれた。そうして付いたニックネームが、芸名“ぎぃ子”の由来です」

 「からかわれたその日は恥ずかしくて泣いてしまい、担任の先生がホームルームで『ギーコさんって呼んじゃいけません!』と言ってくれたのですが、そのからかってきた男の子のことが好きだったので、家に帰ってから気が変わって、次の日『やっぱギーコさんって呼んでいいよ』と伝えました(笑) それがいつの間にか本名より浸透して、誰からも気軽に呼んでもらえるので、今でもすごく気に入ってます」。 (yahoo headlines より引用)

 

まとめ

多くの人気女優や俳優を生み出してきた朝ドラをきっかけに、ぎぃ子さんも今後更に多くの作品に出演されていくのでしょう。

きっと個性派、演技派女優としての地位を着々と確立されて行くに違いありません。

今後も女優・ぎぃ子さんの更なる活躍が楽しみですね♪