年間10億!田中義剛がタイから世界にチーズブームを巻き起こす!

3日放送の『坂上&指原のつぶれない店』にタレントの田中義剛が出演。

番組内ではラクレットチーズで年間9億6000万円を儲けていると発表。

さらにタイなどにもマーケットを進出し、アジアやドバイなどでチーズブームを巻き起こしている。

10年前、「花畑牧場」の生キャラメルで一世を風靡した田中だが、現在の主力商品の1つはラクレットチーズだという。8年前、そのとろとろ溶けるシズル感に「これは来る」と直感、それまで輸入が主だったラクレットチーズの製造に乗り出し、今や国内シェア90%、年間9億6千万円のラクレットチーズを「花畑牧場」で作っているようだ。

さらに田中のビジネスはタイにまでも進出。タイで東京ドーム100個分の超巨大牧場で2000頭の牛を飼育し、毎日12トンの牛乳を搾乳している。それを使ったチーズの製造工場まで立ち上げた。

田中は「これまでタイではチーズを食べる文化がなかった」とし、自ら文化を作ることで、現在タイ国内でチーズブームを巻き起こしているというから驚き。

田中はその盛り上がりについて「めちゃめちゃ売れてます」と実感を述べ、「一度アジアで爆発したら日本の比じゃない。日本は“ドカン”ぐらいだが、“ドッカーン!”だ」と成功者の得意げな顔で語った。

さらに田中は、チーズ料理の店に置いてあるラクレットチーズの専用オープンにも目をつけた。

現在日本にあるオーブンはほぼ海外製だが一台10万円以上する。そこで田中は自社で製造し、オーブンを納入したい店に無償で提供する予定。ついでにチーズも注文してもらうことで売上アップを狙うと語った。

 

自らブームを作って自ら商品を入れるとというビジネススタイルに司会者の坂上は「悪魔みたい」、

ヒロミも「こんな悪い奴見たことない」、元経済産業省官僚・岸博幸も「腹が立つ」と感心していた。

さらに番組内では、出演者に試食をさせ絶賛された新商品の生モッツアレラを日本でも売りだすという宣伝まで。

 

この商売根性は見習いたいものである。