山田孝之&菅田将暉W主演の「dele」、デジタル遺品を巡る

俳優の山田孝之(34)と菅田将暉(25)が、7月スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」(7月スタート、毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)でW主演を務める。

原案とパイロット脚本を手掛ける本多孝好がタッグを組む注目ドラマだ。

 

人の死後もパソコンやスマートフォンに残されるデータ“デジタル遺品”をテーマに、不都合な記録を内密に消す会社を立ち上げた車いすのフリープログラマー・坂上圭司(山田)と、坂上をサポートする何でも屋の真柴祐太郎(菅田)が、任務遂行のたびにさまざまな問題に巻き込まれる様を、1話完結形式で描くという。

次のページ:二人の演じる役どころは?