完璧なディーン・フジオカにも過去に意外な趣味があった?

6月14日に最終回を迎えた木曜劇場「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(フジテレビ系)。幸せの絶頂から冤罪を着せられ、15年間の投獄の末に投資家モンテ・クリスト・真海となり、3人の男たちへの復讐を果たすストーリーだが、回を追うごとに主役を演じたデーン・フジオカの評価が上昇。

最終回を見た視聴者からは、『今までディーン・フジオカを食わず嫌いというか、演技はちょっとって思ってたけど…本当にすごかった』『間違いなくこれはディーン・フジオカの代表作だった。最高に面白く美しかった。ありがとう』と言った感想が数多く寄せられてる。

 ディーン自身も「『ハマリ役』と言っていただける役に出会えるということは滅多にないこと。本当にありがたい、光栄なことだと思います」とコメント。

 

そのディーンが6月13日放送のトーク番組フジテレビ「TOKIOカケル」に出演した。イメージ調査「こんなことしなさそう」の企画で、意外な事実が明らかになり話題となった。

 

次のページ:

ディーンが意外!こんなこともするの?