キンプリ・平野紫燿に絶賛の声!嵐・松潤の後継者以上の働き?

6月26日に最終回を迎えたドラマ「花のち晴れ」。ヒロイン・音を演じる杉咲花や人気モデル“メグリン”こと西留めぐみを演じる飯豊まりえが視聴者からブーイングを受ける中、一人勝ちと言われているのが神楽木晴を演じているKing & Princeの平野紫燿。

ドラマのスタート時にはまだ知名度の低かった平野だが、今やジャニーズファン以外の視聴者の間でも知名度が上がっている。さらにどんどん演技が上手くなっており、ネット上では同ドラマが松本潤と井上真央の大人気ドラマ『花より男子』のスピンオフ作品だった為、「平野は松潤の後継者以上の働きをしている」「平野はジャニーズとしての華とそれ以上の演技力を持ち合わせている貴重な存在』「今や“花晴れ”は平野を愛でるだけのためのコンテンツ」など、称賛の声が上がっている。

ヒロインの相手役として、最初から王子様らしいキャラとして描かれた中川大志演じる馳天馬は、ドラマ開始時こそ注目されていたが、話が進むにつれ欠点ばかりが描写されるようになり、失速してしまった感がある。

ところが平野演じる晴は、ヘタレキャラなのに一途にヒロインだけを思い、その思いの強さによって自分の弱さと向き合うという成長の過程が、育成シミュレーションゲームのような楽しみ方ができたのかもしれない。