ロシア帰りの手越祐也の「重い処分」「ジャニーズ退所」の可能性は?

元TOKIO・山口達也の強制わいせつ事件に始まり、NEWSの小山慶一郎、加藤シゲアキ、さらに手越祐也と、酒席を巡る問題が次々と起こるジャニーズ事務所だが、ついに手越に対する重い処分が下されそうだという。

 金塊強奪容疑者との記念写真が発覚するなど、数えきれないほどの問題行動が報じられてきた手越だが、今回の未成年女性飲酒疑惑ではコンプライアンス重視の世相もあり、これまでとは取り巻く環境が大きく異なるようだ。小山と加藤には曲がりなりにも処分が下ったのに、手越だけ“お咎めなし”ではおかしいとファンも不信感を抱いている。しかし、手越は日本テレビのW杯キャスターを現在務めており、NEWSの新曲はこのW杯番組のテーマソングにも起用されている。W杯が終わるまでは処分保留にせざるを得ない状況だ。

そんな中、手越は6月27日に、ジャニーズ携帯サイト「Johnny’s web」内のブログ「NEWS RING」で一連の騒動を謝罪したが、その内容が何について発言しているのかハッキリしないため、ファンからは「自分の事は棚に上げて?」「自分を含めて謝ってるの?」などとツッコまれまくっているようだ。

 手越の未成年飲酒問題に関しては、事務所はあくまで「事実関係を確認できない」との姿勢だが、ここまで来ると収集がつかない。特に手越はW杯キャスター、小山は『news every.』キャスターと、日本テレビを大きく巻き込む騒動に発展している為、ジャニーズ側も今回ばかりは強い態度に出られない。これまで何度も窮地を逃れてきた手越だが、W杯後、遅くても8月のスタジアムライブ後には何がしかの処分が下されるはずだ。

「世界の果てまでイッテQ!」への出演自粛も十分考えられる。また手越は、問題のパーティー映像の中で「いちばーん嵐のファンが多いけど~ 東京ドームで口パク聞いてる~」と先輩の嵐をバカにする替え歌を披露しており、かつてない厳しいお灸をすえられることも予想され、これに反発した手越が退所を考えることもありえるという。先のNEWS RINGの中で手越はかつて「海外を目指す」と発言し、“すわ退所か?”とファンをザワつかせたものだが、今回はそれが現実となる可能性も否定できない。