国民栄誉賞・羽生結弦、来シーズン出場大会が決定で更なる飛躍に期待!

来季開幕のフィギュアスケート、2018‐2019グランプリシリーズのエントリーが発表された。現役続行を宣言しつつもケガの回復が羽生結弦選手だが、シーズンオフもアイスショーなどに出演して順調な回復がみられる。グランプリシリーズにも出場することが決定し、羽生選手がエントリーしているのは、第3戦と第5戦。

第3戦は11月2日~4日に行われるヘルシンキ大会。第5戦は11月16日~18日のロシア大会。ヘルシンキ大会はあまり聞いたことがないかもしれないが、例年第3戦が行われる中国が開催休止を決定したため、ヘルシンキで行われることになった。第3戦以降とシリーズ中盤からの出場だが、復帰に向けて慎重に時間を取っているのだろう。例年出場しているNHK杯(11月9日~11日)は指定していないが、12月は6日~9日にGPファイナル、下旬には全日本選手権も控えており、大会と大会の間を取ってコンディションを整えるようだ。

 羽生選手のさらなる進化は世界中が注目。どんな滑りでファンを魅了するだろうか。早くも来シーズンが楽しみだ。