「なんと麗しく凛々しく誇らしい」羽生結弦の“仙台平”姿に女性達が熱狂

平昌五輪フィギュアスケート男子で、66年ぶりとなる2連覇を成し遂げた羽生結弦選手の国民栄誉賞表彰式が7月2日に首相官邸で行われ、その袴姿にファンから絶賛の声が寄せられた。

最年少、しかも冬季五輪金メダリストとしては初めての国民栄誉賞の受賞だ。羽生選手は、地元・仙台の人間国宝が直々に作った羽生家の家紋入りの仙台平を着て出席。仙台平は江戸時代には伊達藩の殿様だけに着用が許されたものであるが、その姿を見た安倍首相に『どんな格好も似合いますね』と褒めた。

それに対して羽生選手は「本当はもっと伝統ある所作をしなければいけないと思ったんですが、スケーターなので自分らしさも出せれば」と、笑みを浮かべた。

この袴姿を見たファンからは、「なんと麗しく凛々しく誇らしい」「待って、袴尊すぎて息するの忘れる」「やばいやばいやばい、震えが止まらない」といった熱のこもった感想がネット上に多数寄せられた。

実は羽生選手が袴姿を披露するのは、今回が初めてではない。20歳の成人式を控えた2015年12月に発売された月刊誌『家庭画報』1月号の中でも、家紋入りの羽織り袴姿を16ページにも及ぶ特集の中で披露していまる。線が細く女性的な体型なので、洋服の方が似合うと思っていた読者からは、“若将軍並みの迫力”といったコメントも躍っていた。

 さらに、去年の夏には仙台市の観光PRポスターにも登場。“伊達を生きる。”のコピーとともに、仙台平の袴を身につけ凛々しく微笑む姿も評判を呼んだ。

羽生選手はすでに、11月に行われる今期のGPシリーズ初戦『フィンランド大会』に向けて練習を開始。世界最高得点の更新、アジア男子初の五輪金メダル、史上初の4回転ルーブの成功など、フィギュアの歴史にその名を刻んできた羽生選手だが、今期は4回転半ジャンプへの挑戦も公言している。