間宮祥太朗、憧れの女優への思い「麻生久美子に対する想いが天才」

8日に放送された日本テレビ系『おしゃれイズム』に俳優の間宮祥太朗が出演した。

番組内で好きな女性のタイプについて聞かれた間宮は「麻生久美子さん」と、女優の麻生久美子の名前を口にし、中学生の時に麻生が出演した映画を見て以来「映画の中の人に恋をするっていう感覚を初めて持って」「そっから誰も追随を許さないですね」と、強い憧れがあることを告白。

MCの上田晋也が「どういうところに憧れてんの?」と聞くと、間宮は「麻生久美子さんのどこというか、麻生久美子さんが麻生久美子さんであればもうそれが全てです」と熱い気持ちを語った。

また、麻生との初対面については、16歳頃に出演した舞台の衣装担当が、麻生の結婚相手だったため対面する機会があったといい、間宮は「テンパって『う、宇宙で一番好きです!』」と伝え、麻生も「ありがとう、いつか仕事するときは絶対忘れないからね」と答えてくれたという。

そしてその4〜5年後にはドラマで共演も果たしたが、直接の共演はなかったと言い「直接のお芝居困りますけどね」と、憧れのあまり見つめてしまうので芝居にならないかもしれない様子で笑いを誘っていた。

このエピソードにSNSでは「めっちゃ共感する!」「間宮祥太朗、麻生久美子さんの好きを言葉にしてる時、最高にオタク」「麻生久美子に対する想いが天才」「間宮くん好きだけれどさらに好感度が私の中で爆上げ」と様々な反響を呼んでいた。

間宮は過去にもある人物に対しての”愛”を語っており、俳優の矢本悠馬について「俺は恋人よりこいつのこと好きですからね」と、非常に大切な存在であると話していたことがあった。