豊川悦司、”ジョーク連発”お茶目な一面で秋風ロスを吹き飛ばす

ストイックで硬派なイメージがあるが、ひょうきんな面もみられた。7月12日発売の「週刊文春」が俳優・豊川悦司の意外な素顔を報じた。

お茶目な一面も?
 豊川悦司は、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、人気少女漫画家・秋風羽織役を熱演。ロン毛にサングラスという風貌で、偏屈なオッサン少女漫画家を見事に演じた。 記事では、豊川の意外な面も。制作に集中するため、バーカウンターの下に秋風が隠れているシーンがあったが、豊川も休憩時間中にビリヤード台の下に隠れようとするなど、お茶目なところを見せたという。

トヨエツ、おやじギャグ連発?
2016年9月2日放送の『あさイチ』(NHK)に出演したとき、大竹しのぶから演技を絶賛されると「今日のこの番組は永久保存版ですね。僕の葬式に流してもらいたい」とブラックジョークを飛ばしていたという。

2014年1月に行われた映画『ジャッジ!』の初日舞台挨拶では、女優の鈴木京香らと登壇した豊川悦司は「みなさん、こんにちは。リリー・フランキーです」と挨拶。リリーは同作に出演しているが、この日の舞台挨拶にはいなかった。

また『もし女優になっていなかったら?』と質問された鈴木が就職してOLになっていたと回答すると、同じ質問をされた豊川は『僕も地元で就職して、OLさんになっていたと思います』と真顔で答え、爆笑を取っていたようだ。