*動画あり*間宮祥太朗がギターで弾き語り&歌い踊る姿に女性達はメロメロ!

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」も、いよいよ後半に突入。漫画家を諦めた永野芽郁演じるヒロイン鈴愛は、百円ショップで出会った好青年・森山涼次から出会ってわずか6日で電撃プロポーズされ、電光石火のゴールイン。

視聴者からも驚きの声が上がる中、注目を集めているのが鈴愛のハートを射止めた涼次役の間宮祥太朗。それを機に今、間宮祥太朗がかなりの注目を集めている。

間宮祥太朗は15歳の時、ドラマ『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』で俳優デビュー、映画『帝一の國』『トリガール!』『不能犯』といった話題作に出演。映画『全員死刑』では主役も演じた。

一方、ドラマでは去年の『僕たちがやりました』、今年1月期の『BG~身辺警護人~』、現在放映中の『ゼロ 一獲千金ゲーム』にレギュラー出演、若手イケメン俳優として人気急上昇中だ。

そんな間宮祥太朗は、実は今まで恋愛シーンの経験が乏しく、自身も“恋愛素人”を公言してはばからなかった。ところが今回、“恋愛の神様”と呼ばれる脚本家・北川悦吏子氏により一気に才能が開花しつつあるようだ。

ギター片手に『ラブストーリーは突然に』や、ドラマ『ロングバケーション』の挿入歌として知られる『Sobani Iteyo』をヒロイン鈴愛の前で歌うなど、恋愛ドラマにおける王道にチャレンジ。

これを観た視聴者からは『懐かしくて泣ける』『当時キュンキュンしながら聴いてたけど今朝もやっぱりグッときた』といったコメントが殺到。“ロンバケ”が、ツイッターのトレンドワードにもランクイン。女性視聴者のハートを射止めた。

間宮祥太朗のギター弾き語りが素敵すぎる♡

 

間宮祥太朗自身も、鈴愛を抱きしめるシーンをモニターでチェックした際「俳優を10年やっていますが、自分のこういう表情を初めて観ました」とコメントするなど、本人もラブシーンにかなり手応えを感じているという。

 

間宮祥太朗のダンスシーンも好評だった!

この日はまた、雨の中で涼次が鈴愛に「傘を差したら片方(の耳)だけど、こうして空の下に立てば、両方雨降ります!僕と一緒に雨に打たれませんか?」と手を差し出し、2人でダンスを踊るシーンも。米・ハリウッドを代表するミュージカル映画の名作「雨に唄えば」(1952年)を彷彿させる美しいシーン。

番組公式Twitterでは「お2人とも、ダンスを何回も練習しました。ダンスが苦手という間宮さんは、踊るのにとても苦労されたそう。実際の撮影では、雨の中で踊るのがとても大変だったそうですよ」と裏話も。同時に公開されたダンス練習中の2人の動画は、すでに10万回以上再生されている。

苦手なダンスを一生懸命練習する姿も素敵♡

ダンス練習Twitterに上がった動画 

雨の中の2人のダンスシーンには、「踊るシーン、よかった!」「甘酸っぱい」「間宮くん、かっこよかった~」「ダンス上手!苦手とは思えない」「2人とも素敵でした!」「キュン死にする!!」といった声があふれている。