観月ありさ、結婚生活・夫について語る「偶然、結婚した」

女優で歌手の観月ありさ(41)が1日、東京・渋谷のセルリアンタワー能楽堂で座・ALISA Reading Concert vol.II『キセキのうた~私たちの「今」を歌おう~』の制作発表会見に参加。3ヶ月で体脂肪を6%落としたことを明かし「すごいでしょ~」とにんまり。

 舞台は松任谷由美の楽曲を原作に上演される。劇中で観月は共演する湖月わたる、春野寿美礼とともにユニットを結成。この日は3人でユーミンの名曲「ANNIVERSARY」を歌唱した。映画『ドリームガールズ』のようなゴールドのゴージャスな衣装で登場したが、足元は能楽堂ということでヒールではなく足袋。すそを上げて、足袋をチラ見せしながら観月は「ドレスは靴を履くつもりで作ったんですが能楽堂さんということで足袋を。でも足袋もゴールドにしてドレスに合うようにデザインしました」と笑顔を見せた。

 観月は建設関連会社社長の青山光司氏と2015年3月に結婚。「自分が結婚するとは全く思っていなかった。結婚願望も全くなかった」と振り返りつつ「偶然、結婚した」とにっこり。「結婚してみると、結婚生活もなかなかいいな、と。30代の後半に結婚したので40代を落ち着いて過ごせているという部分もある。主人も、この仕事を応援してくれている。いろんなことを冒険したりできる。家庭があるのは大事だと最近、思った」としみじみと語り幸せそうだ。

 そんな観月は相変わらずの抜群のスタイルを維持。保つ秘訣を問われると「最近、すごくトレーニングをしているんです」と語り。「知らないうちに、ちょっと太っていた。まぁ、結婚して幸せ太りというのもあるのでしょうか、ちょっと行っちゃっていた…」と自ら暴露。

 そこで「すてきな50代を迎えるために、ここで引き締めておかねば」と一念発起し、ジムで体をいじめ抜いたという。努力はうそをつかなかったようで「体脂肪を、なんと6%落としました。20代のときの体脂肪に戻したんです!」と成果を報告し「すごいでしょ~」と鼻高々だった。「年々、やせづらくなるとか言うじゃないですか。私もそうなんです」と芸能人も普通の人と変わらないとし「今のうちに改善しておかねば、と思って。ここ一番。この3ヶ月ぐらいで必死に体幹トレーニングをして、体型を維持しております」と力強く語った。