朝ドラ「なつぞら」柴田夕見子役、女優の福地桃子が気になる!父はあの大物芸能人?

広瀬すずさんがヒロインを務める、4月から始まる平成31年度前期連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合)に、女優の福地桃子さんが出演します。

福地桃子さんの父親は、あの有名な哀川翔さん。

2018年には人気ドラマ『チア☆ダン』にも出演、2019年は朝ドラ『なつぞら』にも出演も決まり、女優としての階段を着実に上り今後さらに注目を浴びると思われる女優の一人。

そんな福地桃子さんについて、今回はまとめていきたいと思います。

プロフィール

名前:福地 桃子(ふくち ももこ)
本名:福地 桃子(ふくち ももこ) 芸名と同じ
生年月日:1997年10月26日
年齢:21歳(2019年2月現在)
身長:153cm
血液型:A型
出身地:東京都
趣味:映画鑑賞、旅行
特技:バレーボール
好きな食べ物:カレーライス、カレーパン
職業:女優、タレント
出身高校:和光学園高校(東京都の私立高校、共学)
出身大学:進学せず
所属事務所:レプロエンタテインメント
家族:父は哀川翔、母は青地公美。

略歴

2014年、16才の時に芸能界デビューしました。

当初、『哀川翔さんの娘である』事は隠していた福地桃子さんですが、2017年5月放送のトークバラエティ番組『良かれと思って!』にてカミングアウトしました。

※実は哀川翔さんの本名は『福地 家宏 (ふくち いえひろ)』

それからバラエティ番組への出演が増え、ドラマ、映画への出演も増える事になっていったのです。

今回、2019年4月から始まる連続テレビ小説「なつぞら」のオーディションでは、福地さんを含む広瀬すずさんと同世代の配役は、男女約2,500人の中から公正な書類審査・面接を経て決定したといいます。
そんな難関を突破し、重要な役を獲得した福地さんは、かなりの実力のある女優さんだという事がわかります。

出演作品


 

映画

  • あまのがわ(2019年2月9日) – 主演・琴浦史織 役
  • あの日のオルガン(2019年2月22日) – 森静子 役

ドラマ

  • 借王シャッキング〜華麗なる借金返済作戦〜(2014年12月17日) – 安斉美香 役
  • 潜入捜査アイドル・刑事ダンス(2016年10月9日 – 12月25日) – ピコ 役
  • クリスマス音楽祭2017スペシャル“胸キュン”ドラマ「愛が呼ぶほうへ」(2017年12月25日)
  • あなたには帰る家がある(2018年4月13日 – 6月22日) – 池田こはる 役
  • チア☆ダン(2018年7月13日 – 9月14日) – 芦田さくら 役

 

「なつぞら」について

 

ストーリー

NHK連続テレビ小説100作目にあたる同ドラマは大森寿美男によるオリジナル作品で、戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)が主人公。
なつは、養父とともに北海道・十勝の大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たくましく成長。高校卒業後に上京し、当時草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込みます。アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく様子を描かれる。
引用元:なつぞら公式
 

なつぞらでの福地さんの役は?

福地さんが演じるのは、なつの父と戦友だった柴田剛男の長女で、なつと同い年の女の子・柴田夕見子です。
初めはなつに対しわだかまりを感じるものの、一緒に暮らしていく中で、お互いに悩みを打ち明けられる、本当の姉妹のようになっていくという役所です。
 

まとめ

人気ドラマ『チア☆ダン』に続き、『なつぞら』で姉妹でもあり親友でもあるという立場の重要な役所という事で、間違いなく注目を浴びるでしょう。

今後も女優・福地桃子さんの更なる活躍が楽しみですね♪