俳優・岡田将生演じる「なつぞら 」なつの実兄・奥原咲太郎は複雑な役柄?実在モデルはいるの?

ドラマ『なつぞら』は、2019年度前期のNHK朝の連続テレビ小説が4月からスタートしました。

戦争孤児となった主人公が、新天地・北海道で温かい人々と出会うことでたくましく育ち、自分の夢を追いかけるというストーリーで、主演は広瀬すずさんで、たくましく成長する奥原なつを演じています。

ヒロインのなつには生き別れた兄の奥原咲太郎がいます。

なつの実の兄・奥原咲太郎役を演じるのは誰なのでしょうか?

 

なつの実兄・奥原咲太郎役は、岡田将生さん

1946年、日本は戦争を終えたばかりの夏、北海道十勝に1人の少女がやってきました。
少女の名前は奥原なつ。
なつは戦争により両親を亡くしてしまった戦争孤児でした。
そんななつを引き取って北海道に連れてきたのが柴田剛男です。
剛男はなつの父親の戦友で、お互いに何かあれば家族の面倒を見ると約束していました。
そのため、なつを引き取り、十勝の自宅で育てることにしたのです。
そんななつには兄妹がおり、兄は奥原咲太郎といいます。
奥原咲太郎役は岡田将生さんが演じます。

 

岡田将生さんのプロフィール

岡田将生 オカダ マサキ

生年月日:1989年8月15日
血液型:AB型
出身地:東京都
身長:181cm

岡田将生さんは、映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」で大ブレイクを果たし、数多くの作品に出演され、人気ドラマ「リーガルハイ」やここ最近では「銀魂」の実写版など大人気の俳優さんです。

その甘いルックスも岡田さんの魅力ですが、それだけではなく見ている観客、視聴者の胸を熱くするその演技力にも定評があります。

 

『僕の初恋をキミに捧ぐ』はhuluで視聴できます♪

日テレドラマ

 

映画『銀魂』『銀魂2 掟は破るためにこそある』はアマゾンプライム ビデオで視聴できます♪

 

なつの実兄・奥原咲太郎とはどんな役柄?

(上の写真は、幼少期の咲太郎役の渡邊蒼くん)

奥原咲太郎特技は歌とタップダンス

両親を亡くした後も妹のなつの親がわりとなり、常に笑顔でなつを育てるとても活発で朗らかなキャラクター。

しかし現在はなつと離れ、家出をして行方不明となってしまっています。

非常に気さくで明るいキャラクターである反面、家出をして行方不明になってしまいます。

明るい一面と、そしてまた一方で暗い過去を持つ複雑な面もある役柄

そのような難しい役柄を岡田将生さんがどのように演技されるのかとても楽しみです。

岡田将生が演じる奥原咲太郎(なつの兄) 実在モデルは

なつの兄・奥原咲太郎の実在モデルはいるのでしょうか?

残念ながら奥原咲太郎に実在モデルがいるという情報はありませんでした。

しかし主人公である奥原なつには実在モデルではないかと思われる方がいるようです。

その奥原なつのモデルと思われる方が、奥山玲子さん。奥山玲子さんは、ジブリの宮崎駿監督と高畑勲監督の先輩にあたるアニメ界のパイオニアといわれる方なのだそうです。

奥山玲子さんについては、こちらに詳しくまとめてみました。↓

朝ドラ「なつぞら」広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつの実在モデルは?

 

まとめ

今回調べてみて、なつの兄奥原咲太郎という役は二面性を持った複雑な役だということ、

さらに実在モデルはいないということがわかりました。

なつが東京で実の兄咲太郎と再会するとき、

岡田将生さんがどのように演じられるのか今からとても楽しみですね。