可愛いのに色っぽい!女優・森川葵が気になる♪カメレオン女優と呼ばれる理由とは?

可愛いのに色っぽい!女優・森川葵が気になる♪カメレオン女優と呼ばれる理由とは?

現在数々の有名作品に出演されている森川葵さんは、作品ごとに異なる役を演じ分けることから「カメレオン女優」と称されています。

最近では、深夜ドラマ『賭ケグルイ』をはじめ、『やれたかも委員会』、『GIVER 復讐の贈与者』、『文学処女』、と、『このマンガがすごい!』の「NHKにようこそ!」、『カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-』など、ハードからセクシー系カワイイ系まで何でもこなす“深夜ドラマの女王”と呼べる活躍ぶりを見せています。

今回は、モデル女優として絶大な人気がある森川葵さんのプロフィール出身校について、デビューのきっかけや略歴、過去の髪型がすごいという真相について、まとめていきたいと思います

森川葵のプロフィール

芸能ゆるニュース.com 引用

本名:森川 葵(もりかわ あおい)
愛称:もりりん
生年月日:1995年6月17日
出身地:愛知県
身長:157㎝
趣味:寝ること
好きな食べ物:甘いもの、アボカド
嫌いな食べ物:ウニ、いくら
事務所:スターダストプロモーション

森川葵の出身校は?高校時代から可愛い!【写真あり】

森川葵さんの出身は愛知県東海市になります。
出身中学校東海市横須賀中学校
出身高校名古屋市立工芸高校・インテリア科と言われています。
森川葵さん、東海市横須賀中学校では部活動は吹奏楽部に所属されていたそうです。

こちらが森川葵さんの高校時代のジャージ姿↓       ジャージ姿でさえこんなに可愛い!w

森川葵「学生時代のジャージをまだ家で着ている」  某TV番組より

 

森川葵公式ブログ引用

高校時代からこんなに可愛いかったら、芸能界も放っておくわけがありませんよね。

森川葵さんはどのようなきっかけで芸能界デビューされたのでしょうか?

森川葵のデビューきっかけと略歴

2010年、雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」のグランプリに選ばれデビューします。

matome.naver.jp 引用

2012年、映画「Love ToRAIN-ラヴトレイン-」で初主役で女優デビュー。

2015年、映画「チョコリエッタ」では、肩まであった髪を30センチ切った髪型・坊主が話題に。

専属モデルだった「Seventeen」を卒業し、本格的に女優業に専念していきます。

2016年4月から2017年3月まで、笑福亭鶴瓶さんがMCを務めるトーク番組「A-Studio」の8代目アシスタントを務めました。同年10月、ドラマ『テディ・ゴー!』で連続ドラマ初主演を果たしました。

oricon news 引用

2017年には映画「花戦さ」で主演を務めました。

2018年11月から上演される舞台『ロミオとジュリエット』で、ジュリエット役を演じ、初舞台にして主演を務めました。

最近では、深夜ドラマ賭ケグルイやれたかも委員会』、『GIVER 復讐の贈与者』、文学処女』、と、『このマンガがすごい!』の「NHKにようこそ!」、『カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-』などの話題の作品に出演し、“深夜ドラマの女王”とも呼ばれています。

作品ごとに異なる役を自在に演じ分けることから、「カメレオン女優」と女優としも高く評価されています。

女優・森川葵、役作りのためにこんな髪型まで!?

そんな女優業に邁進している森川葵さんは役ごとにいろいろな髪型に挑戦している姿も話題になっています。

森川さんは、同じ髪型にしていると飽きる性格のようで、「できるなら、作品ごとにヘアスタイルも変えたい」と語っていたことがあります。

役作りについて以下のようにも語っています。

役作りについて「見た目から役に入っていくので、(髪型を変えると)全然違う子に見えると思っているので、スイッチが入ります」とコメント。役作りに関して「撮影中は何も考えていないですね。無心です。撮影で役を演じている時は、あれ何してすごしてたんだろう?という感じになっちゃいます」と、憑依系女優としての片鱗を語っていました(森川葵、“深夜ドラマの女王”に君臨 『文学処女』『GIVER』『賭ケグルイ』での輝きを考察 記事 引用)

実際、2015年になってからの作品では、『おんなのこきらい』ではヘアーエクステンションを使用してロングヘアー。


おんなのこきらい 引用

続ドラマ『賭ケグルイ」では茶髪にツインテール

賭ケグルイ引用

『硝子の葦』では金髪

硝子の葦引用

『She』ではベリーショートと、それぞれ全くイメージが違う髪型になっています。

She 引用

映画『チョコリエッタ』では役作りのため、肩まであった髪を約30センチ切って丸刈りにしました。

チョコリエッタ 引用

「髪の毛が傷んでいたので、傷んでいる髪ならいらないって思って。ちょうど丸刈りにできて、ラッキーという感じでしたね」と話していたこともあるようです。

森川葵さんは、役柄によって髪型を変えることに抵抗がなく、プロ意識が非常に高い女優さんだということも垣間見れますね。

まとめ

現在は、恋愛系ドラマ「文学処女」や「カカフカカ -こじらせ大人のシェアハウス」などで可愛らしい清純な女性という雰囲気が強い森川葵さんですが、過去には色々な役柄に合わせた個性的な髪型にもチャレンジされていて驚きました。

彼女の演技に対する姿勢から、演技力の評価も高くたくさんの話題作品に起用されている理由がわかりますね。

今後のますますの森川葵さんの活躍が楽しみですね。