山口智子の情熱的な生き方が素敵すぎ!「なつぞら 」亜矢美さん役でダンスやフラメンコも披露

朝ドラ「なつぞら 」でヒロインなつの東京の母、なつの兄咲太郎の母・あやみさん(岸川亜矢美)を演じている山口智子さん。

「ムーラン・ルージュ」の元人気ダンサーという役柄なのでドラマの中でも度々歌ったり、踊ったりするシーンもあります。

さらに過去にはフラメンコタップダンスを披露されており、話題となりました。

今回は、そんな山口智子さんのダンスシーンや特技のフラメンコなどについてまとめていきたいと思います。

山口智子のプロフィール

maintain-web.com

名前 :山口 智子(やまぐち ともこ)
生年月日: 1964年10月20日
出身地 :栃木県栃木市
出身校: 栃木市立栃木西中学校
出身校 :栃木県立栃木女子高等学校
出身校 :青山学院女子短期大学家政学科
血液型: A型
身長 :170cm
職業 :女優/声優/ナビゲーター
所属 :研音

実は実家の祖母が旅館をしているという山口智子さんは、
「実家を継ぎたくない!」という思いから、短大在学中よりモデルの活動を始めていたそうです。

朝ドラオーディションに見事合格した山口智子さんは、「順ちゃんの応援歌」でも朝ドラに出演し、一躍人気者になりました。

山口智子さん出演の主な代表作には、

「もう誰も愛さない」、「ダブル・キッチン」、「スウィート・ホーム」
「王様のレストラン」、「29歳のクリスマス」、「ロングバケーション」などがあります。

どれも高視聴率を記録した名作ばかりですよね。

 

「なつぞら 」で元ダンサー・亜矢美さん演じる山口智子

 

朝ドラの「なつぞら」では、なつの兄の義理の母親・岸川亜矢美を演じています。

引用元:thetv.com 

岸川亜矢美は元ダンサーで、踊ることでみんなを笑顔へと巻き込みながら、生きる喜びを生み出していく女性です。

彼女が踊っていた新宿の劇場「ムーランルージュ」が閉館した後は、今度はおでん店のカウンターが亜矢美にとっての人生のステージです。毎日を大切に、お客さんを楽しませることに誇りをもって、おでん店のカウンターで歌ったり踊ったりしています(笑)。「風車」には、個性的な人々が集まってきて、毎回カウンター越しにセリフを投げあいながら作るシーンは、緊張感あふれる楽しいチームプレーです。NHK「なつぞら 」公式HPより引用

 

山口智子がタップダンスを披露。ドラマ「なつぞら」より 

現役の亜矢美と幼少期の咲太郎が出会った第48回(5月25日)でも、山口智子さんはタップダンスを披露しています。

 

 

山口智子さんはこのシーンについて、

「舞台衣装の帽子に衣装さんが真紅の大きなバラを飾ってくださって、私と子ども時代の咲太郎がタップの音で心を交わし合うシーンでは、

その帽子が二人を結ぶ大切な役割をしてくれます。まるで恋の始まりみたいな、すてきなシーンになったと思います」と語っています。

 

恋の始まりだったんでしょうか。とっても切なく素敵な愛ですよね♪

山口智子のフラメンコが凄い!

山口智子さんは、NHK連続テレビ小説『なつぞら』の劇中でフラメンコのエッセンスを生かしたダンスを披露し、話題となりました。

でもフラメンコは人前はおろか、夫の唐沢寿明さんにも見せたことがなく「3億円くらいギャラ出してもらえるなら踊りますよ。」と(冗談で)言っていたそうです。

ところが「今回(の朝ドラ)はそこそこのお給料で踊っちゃった!それくらい今回のお仕事は価値があったから…。」と笑う山口さん。「でも多分これから先も夫を含めて(フラメンコは)一生人前では踊らないです。自分の部屋だけで踊ります。」と話していました。

 

そんな貴重な山口智子さんのフラメンコシーンがこちら

引用元:sponichi.co.jp 

引用元:excite.co.jp

山口智子さん実は、元々プライベートで20代から10年間ほどフラメンコを本格的に取り組んでいたという過去があります。

15年のブランクを経て、本場のスペイン・アンダルシアの旅先で目にした日常生活の中で何気なく踊られる踊り手の人生が投影されたフラメンコに触発されて、2017年より再び練習を再開さてています。

「大好きな音楽が流れたら、素直に踊りだせる人間でありたい!」という山口智子さん

「人生が投影されるのがフラメンコ。その人がどう生きているのかがすべて表れる踊りだと思います。家族や仲間と時を過ごして、毎日の暮らしをきちんと味わい、その幸せを、歌やギターの音とひとつになって踊りで表す。すると、そこからまた明日も頑張って生きようと思えるパワーが湧いてくる。」

普通のおじちゃんやおばちゃんたちが、何気なく踊りだすその瞬間、キラキラした輝きに満ちあふれる。彼らのチャーミングで味わい深い歳の重ね方がそのままカッコいい踊りになる。心から憧れます。大好きな音楽が流れたら、素直に踊りだせる人間でありたい!」Vogue.co.jp  年齢を超越する、山口智子の美と強さの秘密。引用

引用元:twitter

 

「どんなに美しい造花より、一輪の“生花”でありたい」と語る山口智子さんの生き方からも美しさの秘訣がわかります。

「女性が花のように美しくあることは大賛成です。でも私は、どんなに美しい造花より、一輪の“生花”でありたい。花盛りだけでなく、朽ちゆく姿にも色香を漂わせて、誰かの心を魅了できたら幸せです。年齢に抗いすぎた加工的な美は虚しいだけ。変化こそ美しいと思います。心の鮮度をアップデートしながら、心身を再生してゆく——。自分しか築けない美しさを、一生をかけて追いかけていきたいと思います」Vogue.co.jp  年齢を超越する、山口智子の美と強さの秘密。引用

 

山口智子さんが求めつづける“感動”の源のひとつ、2010年よりプロデュースを続けている、世界の民族音楽文化を伝える映像シリーズ「LISTEN.」

 

引用元:thetv.com 

山口智子さんが世界中を旅して出会ったさまざまな音楽や文化を、自らのディレクションにより、クオリティの高いサウンドとビジュアルでお届けする音楽・紀行ドキュメントシリーズ。
いま、心から伝えたいこと。未来に語り継ぎたい大切なもの。
世界に溢れる感動を、ボーダレスな「音」で共有したい。というもの

 

まとめ

山口智子さんの情熱的な生き方、本当に素敵ですね!

生きる喜びや山口智子さん自身の人生が映し出されているから、山口智子さんの演じるあやみさんは私たちを魅了するのでしょうね。

これからも山口智子さんのご活躍から目が離せませんね♪